Turbo HAMLOG/Win Ver5.41a  ●お願い●
Thw541a2.exe(2024/01/10)半自動インストール版  Thw541a2.zip(2024/01/10)ZIP書庫版
本ソフトは、Windows11上で開発しています。Windows10、Windows11での使用を推奨します。
なお、Windows7以上であれば問題なく動作するようです。また、インターネットに接続する機能を使わなければ、Windows-XPやWindws-98SEであっても動作する模様です。
ヘルプメニューのバージョン情報から最新版の確認、ダウンロードとインストールができます。
拙作のソフトにはデジタル署名(ソフトウエア発行元証明書)がありません。
ダウンロード時、インストール時、または実行時にウイルス扱いされることがあります。(右の画像は、作者のPCの例)→
特に、Wimdows10に付属のWindows Defenderは「最低限のセキュリティ対策」ということですので、出所不明なソフトはとりあえずウイルス扱いしておけば用が足りるのでしょう。
無料のソフトのために毎年6万〜9万円を支出してデジタル署名を取得するメリットを感じませんので、ご理解ください。
作者は十分にウイルスチェックをしていますので、あとは自己責任でインストールしてください。
参考個人ソフト作者にとってのデジタル署名とは?
○ ハムログ専用の電子QSL HAMLOG E-Mail QSL 略してhQSL
○ Turbo HAMLOG Ver3.41L DOS/V版 PC-9801版のダウンロード 2005/02/07
ユーザーリストGet's/免許状Get's/道の駅Get'sのページ
HAMLOG50.DLLの仕様/他のアプリからHAMLOGを操作する仕様について
簡易パスワード管理 Ver1.8 (2022/08/28)    〇作者の無線&PC歴
○ Turbo HAMLOG/Winのインストール方法  パソコンを買い替えた場合  〇DOS版時代からのヒストリー
○ インストールするフォルダの変更について   ○QSL定義ファイルの一部
○ 今さらですが、QSOデータのVer4Ver5 変換方法です。
○ ほんの少しでもDXされる方は、設定変更が必要です。(重要
○ Windows11での異常な動作について(こちら)

その後の進捗状況(ベータ版)Hamlogw.zip 2024/02/07 14:00 Ver5.41aに上書き解凍してください。
解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。
  テスト版につき、この方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。
・JT-Get'sのBefore欄で直近の交信年月日を表示できるようにした。
 例 7FT8(23/10/01) 7MHz FT8で23年10月1日にQSOし、QSL受領済み。
 例 50FT8'23-12-10 50MHz FT8で23年12月10日にQSOし、QSL未受領。
 メニューのBand(N)をクリックするたびに従来表示と切り替わります。
 また、この状態を記憶するようにしました。
・ヘルプメニューに[aprs.fi表示]を追加。メインウインドウに表示さ
 れているグリッドロケーターにより https://aprs.fi/ の地図を表示
 します。 GL欄が空欄では動作しません。
 入力ウインドウや修正ウインドウの[G・L]ボタンをダブルクリックする
 と、そのグリッドロケーターにより地図表示します。Tnx JE0HBT


Ver5.41a(差し替え) 2024/01/10
・マスターデータ(HAMLOG.mst)の次の区を消滅扱いとした。
  180201浜松市中区
  180202浜松市東区
  180203浜松市西区
  180204浜松市南区
  180205浜松市北区
  180206浜松市浜北区
Big CTY - 05 January 2024 を同梱。

Ver5.41a 2023/12/17
・JT-Get'sの右端にテキストデータに登録した局がhQSL/V/Wのように
 表示されるようにした。
・マスターデータ(HAMLOG.mst)に次のデータを追加。
  180208浜松市中央区  R6.1.1から有効
  180209浜松市浜名区  R6.1.1から有効
・Big CTY - 15 December 2023 を同梱。

Ver5.41 2023/11/01
・JT-Get'sでF/HモードのB4が表示できなかったので修正(WSJT-X)
・総務省の免許情報表示が簡略化されたので免許状Get'sを変更。
 * [移動しない]設置場所を優先して取込むようにした。
 * ダブルクリックで他の設置場所を取込むようにした。
 * 免許状Get'sを右クリックしたときのメニューに[メインウインド
  ウのフォントを使う]を追加。表示フォントが変わります。
 * HAMLOGユーザー未登録局でも使えるよう変更。
・Big CTY - 30 October 2023 を同梱。

Ver5.40a 2023/10/06
・#QRCode命令で作成した照合用のQRコードをPCカメラ等で読み込んで
 データがクリップボードにあるとき、貼り付けて照合できるように
 しました。
 [QSL未着コール順一覧]のポップアップメニューにあります。
・QSL未着コール順一覧に[NumLockオン]の選択を追加。NumLockオンの
 状態で動作します。QRコードリーダーを使うときおすすめ。
・QSL未着コール順一覧の表示前にNumLock-ON/OFFの状態を記憶し、
 OFFだった場合は終了後に戻すようにした。
・QRコードによる照合時に不正な日付時刻をチェックするようにした。
・Big CTY - 30 September 2023 を同梱。

Ver5.40 2023/09/13
・hQSLユーザーにヒットしたときの黄色い表示を少し変更。
・Ctrlキーを押しながら起動させるとメイン画面が初期位置に表示
 するようにした。
・付属のThwQRCode.DLLにより、QSLカードにQRコードを印刷できるよう
 にしました。DLLはHamlogw.exeと同じフォルダに置いてください。
  定義ファイルのQRコード印刷命令は次のとおりです。
#QRCode <横座標>,<縦座標>,<横幅>,<高さ>,"自局Call"
  <横幅>か<高さ>のどちらかはゼロにしてください。
 【例】#QRCode 6,1200,0,280,"JG1MOU"
  ※QRコードにはhQSLファイル名形式で交信内容が記録されます。
   !!自局Call_年月日_時刻_Band_Mode_相手Call
   !!JG1MOU_230904_0921_7.041_FT8_JA1QRZ
  ※QRコード周囲には赤い縁どりがなされます。
#QRCodeS <横座標>,<縦座標>,<横幅>,<高さ>,"任意の半角文字列"
  <横幅>か<高さ>のどちらかはゼロにしてください。
 【例】#QRCodeS 6,1200,400,0,"https://hamlog.sakura.ne.jp/"
 ※QRコード周囲に縁どりはありません。
・[QSL未着コール順一覧]をアクティブにし、相手局から届いた
 #QRCode命令により印刷されたQRコードを読み込むと、該当する
 交信の修正ウインドウが表示されるようにしました。
 目的は、QSL受領チェックで楽するためです。Hi
 該当する交信が無い場合は近いコールサインを指し示します。
 ※自分のQSLカードをQRコードリーダーで読み取っても、自分の
  コールサインで検索するので当然ながら表示しません。
 ※QRコードリーダーは、メモ帳などをアクティブにしてQRコード
  が確実に読めることをあらかじめ確認してください。
  作者のQRコードリーダーは、アマゾンで3千円ほどで買った
  ものですがNumLockがONでないと読めませんでした。
  そのためキーボードのNumLockをHAMLOGが強制的にONにします。
  Tnx JI1ILB(詳細な動作確認を有難うございました。)
・QSL印刷の変数に!Caを追加。ユーザーリスト登録用の自局コール
 サインです。QRコード印刷にも使えます。省略も可能。
 【例1】#QRCode 6,1120,0,260,"!Ca"
 【例2】#QRCode 6,1120,0,260 ;自局コール省略可能
・Big CTY - 12 September 2023 を同梱。

Ver5.39a 2023/07/28
・Big CTY - 28 July 2023 を同梱。
Ver5.39a 2023/07/27
・Wkd/Cfm一覧表示では、JG1MOU(*)のようにQSL受領済みマークを表示
 するように変更。Tnx JO1QNO
・JT-Get'sのUDP使用有無の設定がわかりにくいので修正。
・JT-Get'sのメニューに[/Pのみ]を追加。移動局のみの表示とします。
・JT-Get'sの設定に[降順に表示]を追加。Tnx JE4NHC
・圧縮バックアップで[設定ファイルも]のとき、hQSLの設定ファイル
 (MailQSL.ini)が存在すれば一緒に圧縮するようにした。Tnx JE6LAO
・メインウインドウのポップアップメニューにデュープチェックを追加。
 環境設定でキー割当しておくと楽です。F12キーとか。
・Big CTY - 13 July 2023 を同梱。

Ver5.39 2023/05/25 差し替え
・FT8でQSOデータ登録時、エラーが出そうな個所を修正。
Ver5.39 2023/05/24
・JT-Get'sでALL.TXTを開く場合、初期フォルダは必ずWSJT-XやJTDXの
 フォルダとなるよう変更。関係ないテキストを開いてしまった場合
 戻すのが大変なため。
・QSOデータチェッカーに移動エリアが/Pだけのチェックを追加。
・7文字以上のコールサインで過去の交信回数がおかしいことがある
 ので修正。
・KG4xxがGuantanamoで、KG4xやKG4xxx はUSAだそうですので、例外的
 にCTY.DATを読み込むよう修正。
https://n1mmwp.hamdocs.com/appendices/customizing-the-dxcc-list/
・JT-Get's上のコールしたい局をダブルクリックすると、WSJT-Xや
 JTDXが送信を開始するようにしました。
 この改良にあたり、JA9AOB、JA2BQX、JA3CLMの各OMに相談に乗って
 いただきました。特にJA9AOB-OMから有益な情報をいただき、何度も
 動作テストしていただきました。ありがとうございました。
 なお、今までどおりデュープチェックしたい場合はEnterキーを押
 してください。
 WSJT-X/JTDX側のUDP設定が必要です。
 https://hamlog.sakura.ne.jp/html/HID00121.html ←こちら
・JT-Get'sの表示(V)メニュー → [wsjtx.logから強制転送(W)]の
 ショートカットキーは、入力ウインドウの[データの登録]と同じ
 にしました。初期設定ではF12キーです。
・Big CTY - 21 May 2023 を同梱。

これまでの履歴

簡単なバージョンアップ方法

 HAMLOGのヘルプメニューから、そのまま最新版を
 ダウンロードしてインストールすることができます。

 ブラウザを使うことなくダウンロードできます。
 Ver5.32(2021/01/09)から装備した機能です。