○ オプション(O) JT-Get's(J)
 Shiftキーを押しながらこのメニューをクリックすると、次回から自動起動します。
この機能は、WSJT-XまたはJTDXALL.TXTファイルを読み込み、その内容をリアルタイム に表示します。
QSOデータから過去に交信している局であれば新しい順に交信Band、Modeを5個以上表示します。常時、750行を表示します。
HAMLOGユーザーリスト登録局であればuserと、HAMLOG E-Mail QSL登録局であればhQSLと右端に表示します。
また、WSJT-Xによる交信結果(WSJTX.logファイルの内容)を入力ウインドウに転送し、登録することができます。


ALL.TXTファイルとWSJTX.logファイルは、次のフォルダに存在します。ファイル(F)メニューから開いてください。
  C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\WSJT
または
  C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\JTDX

【主な機能】
〇 一覧上でダブルクリックまたはEnterキーを押すと、入力ウインドウにコールサインが取り込まれてデュープチェックを実行します。

表示(V) メニューから
wsjtx.logから強制転送(W) F2
wsjtx.logに記録されている交信内容の最下行(最新のQSO)を入力ウインドウに転送します。
動作確認や、Turbo HAMLOG/Winの起動を忘れてQSOしてしまった場合を想定しています。
Shiftキーを押しながらクリックすると、wsjtx.logの下から2行目のデータを入力ウインドウに転送します。
選択セルの局を水色で表示 F3
現在の行位置と同じコールサインの行のUTC、dB/DT/Freqセルを水色で表示します。
コールしたい局が目立つようにすることを想定しています。Shiftキーを押しながらクリックすると色が消えます。
選択セルの局を紫色で表示 F4
同様です。
再読み込み(R)   F5
ALL.TXTを再読み込みします。
表示モードとリンク設定(L) F6
CQのみ(C)
CQを出している局のみの表示となります。(Message欄が緑色の表示)
もう一度クリックすると、元に戻ります。
自局コールサインは、HAMLOGユーザーリストの登録から得ていますので、ユーザーリストに掲載していない局は認識できません。
 そのため、HAMLOGユーザーリスト掲載局のみ自局のQSOが認識され、赤く表示されます。
環境設定などのダイアログボックス表示中は、ALL.TXTの読込み処理を中断しています。
 データの表示&修正ウインドウがアクティブなときも、ALL.TXTの読込み処理を中断しています。
WSJT-X v2.2.2/v2.3.0JTDX v2.2.0-rc154FT8で動作確認しています。
JTDX202xxx_ALL.TXTは、月が替わるとファイル名が変わりますが、本機能では自動的に新しいファイルを開こうとします。
 例えば、月末までJTDXを使用していた場合、UTCであるため翌月1日午前9時以降にHAMLOGを起動すると、新しいALL.TXTを開きます。
 月末までWSJT-Xを使用していて月初めにJTDXを使用する場合は、ファイルメニューから開いてください。

(106)