hQSLトップページ   QSL受信ボタン
(13) QSL送信ボタン
レコード番号を範囲指定し、電子QSLを送信します。
HAMLOGを一緒に起動させておいて、交信内容を確認するとよいでしょう。
なお、レコード番号の範囲指定をした場合は、半年以上前の交信については送信しません。


確認しながら送信では、下図のとおり1画像ずつ確認しながら送信することができます。
キャンセル・・・送信を中断します。
送信・・・・・・表示された1局分だけ送信し、次の画像を表示します。
送信せず・・・・表示された1局分は送信せず、次の画像を表示します。
一気に・・・・・表示された画像から最後まで連続で送信します。

環境設定のQSL送信系の設定を確認しておいてください。

QSL未発行局のみQSLを送信では、紙QSLカードを含め、すでにQSL発行済みの局には送信しません。

送信対象外のQSL欄1文字目に該当する交信は送信しません。例えばN(ノーQSL)など。

連続送信数が多い場合、プロバイダの仕様によりSPAMメールと判断されて送信エラーとなることがあるようです。 この場合は、QSLメールの連続送信可能件数を少なくしてみてください。
Yahooの場合25以下です。

HAMLOG最終レコード番号を表示を有効にすると、HAMLOGを起動させているときはレコード件数を監視してQSOするたびに右側の数字が増えていきます。QSO直後にQSL送信ボタン1クリックで送信できます。


半年以上前の交信を送信できない仕様については、もう紙QSLが届いているだろう時期だからです。
 最近では8ヶ月以上かかるようですけど。なお、個別に送信する場合は、古い交信でも送信可能です。
hQSLHAMLOG両方を起動している場合(Q18)