送信済み電子QSL一覧  元に戻る  交信の照合  受信した電子QSL  通信設定  電子QSL環境設定  Q&A  hQSL相談室はこちら
○ 送信フォルダのファイル一覧です。
この一覧は、送信済みファイルを、交信年月日順/新しい順(降順)
に表示します。
UTCで記録したQSOデータであっても、JSTに変換してJPEGファイルに
出力しています。
電子QSLファイル名の時刻はすべてJSTです。
QSL・・・HAMLOGのQSL欄です。該当なしの場合は■×と表示されます。
ファイル時刻・・・ファイルのタイムスタンプです。送信した時刻と言えます。
電子QSL〜JPEGファイル・・・電子QSLのファイル名です。
RecNo・・・HAMLOGのレコード番号です。


スペースキーを押すと、朱色に選択されます。
 朱色に選択された行が、削除の対象となります。

○ メニューから(右クリックしてもメニューは表示されます。)
Turbo HAMLOG/Win修正ウインドウ(T)  F12
ハムログも起動している場合、該当する交信の修正ウインドウを開きます。
電子QSLを表示する(V)
送信した電子QSLを表示します。ダブルクリックや Enterキーを押しても表示されます。
電子QSLとQSOデータを照合(Q)  F2
メインウインドウの照合ボタンをクリックしたときと同じですが、交信相手から届いた電子QSLで、該当するものを指し示します。
コールサイン検索(F)  F3
ファイル名の相手局コールサインで検索します。
検索は、コールサインの部分文字列と、ワイルドカードを用いた検索ができます。
ワイルドカード検索は、HAMLOGのワイルドカード・サーチと同様です。
再表示(R)  F5
再読み込みして表示します。
QSL未受領の一覧表示(M)  F6
電子QSLを送信したけど相手からは届いていない一覧を表示します。この一覧をもとに、再送要求のQSLを送ることができます。(相手にも事情があると思いますので、しつこい再送要求はやめましょう。)
選択した電子QSLファイルを【削除】(D)
水色に選択された電子QSLファイルを削除します。
送信フォルダの表示(T)
Windowsのエクスプローラーにより送信フォルダを表示します。
降順に表示させる/ファイル時刻の新しい順に表示
並び方を変えることができます。
QSL欄が■×の場合は、ファイル名(日付時間、バンド、モード)とHAMLOG上の交信内容をよく見比べてください。
電子QSL送信後にQSOデータを修正した場合、このような表示となってしまいます。
RecNo欄に表示されるNGだった場合の理由は、次のとおりです。
・無し   2000年以降に交信実績が無い。
・日付時間 日付か時間が一致しない。(QSOデータとQSLの交信時刻が完全一致しない。)
・バンド  交信したバンドが一致しない。(430MHzと433MHzの違いなどはOK)
・モード  交信したモードが一致しない。(A1とCWでもダメ)