HAMLOG E-Mail QSL 照合  元に戻る  送信済み電子QSL  通信設定  電子QSL環境設定  Q&A  hQSL相談室はこちら
○ 電子QSLと交信内容との照合結果です。
この一覧は、ファイル名による交信年月日順/新しい順(降順)に
表示されます。
UTCで記録したQSOデータは、JSTに変換してJPEGファイルに出力して
います。ファイル名の時刻はすべてJSTです。
照合時は、UTCで記録したQSOデータはJSTに変換して比較します。
つまり、双方がJSTの状態にして比較します。
日付時間、バンド、モードのすべてがファイル名と合致すれば、
照合OKとなります。

■× は、照合結果がNGだった電子QSLです。
は、照合結果がOKだった電子QSLですが、QSOデータにはQSL受領
マークが付いていません。メニューからQSL受領マーク書き込み処理
を実行してください。
は、照合結果がOKで、電子QSLか紙QSLを受領済みです。
 JEE は、QSOデータのQSL欄をそのまま表示しています。


 照合は、ファイル名の【日付時間、バンド、モード】をQSOデータと比較します。
 日付時間は、初期設定で前後10分までを許容します。
 バンドで比較しますので、例えば433MHzと430MHzは合致します。
 モードは、文字列で比較しますので、例えばCWとA1は合致しません。

スペースキーを押すと、水色に選択されます。
 水色に選択された行が、削除、移動、コピーの対象となります。

○ メニューから(右クリックしてもメニューは表示されます。)
照合済みのQSOに QSL受領マーク書き込み(W)
電子QSLと照合OKだったQSOデータにQSL受領マークを書き込みます。
※注意:本ソフトでQSOデータにQSL受領マークを書き込んでも、 HAMLOGの環境設定2によるQSOデータの二重化にはQSL受領マークを書き込みません。
 したがって、定期的にHAMLOGの環境設定2のQSOデータの二重化にチェックを入れ直し、実QSOデータをコピーしてください。
Turbo HAMLOG/Win修正ウインドウ(T)  F12
ハムログも起動している場合、該当する交信の修正ウインドウを開きます。
電子QSLを表示する(V)
画像を表示します。ダブルクリックや Enterキーを押しても表示されます。
送信済み電子QSL一覧(S)  F2
メインメニューの、オプション → 送信済み電子QSL一覧と同じですが、該当する交信の送信済み電子QSLファイルを指し示します。
コールサイン検索(F)  F3
ファイル名の相手局コールサインで検索します。
検索は、コールサインの部分文字列と、ワイルドカードを用いた検索ができます。
ワイルドカード検索は、HAMLOGのワイルドカード・サーチと同様です。
再照合(R)  F5
再度照合し、表示内容を更新します。(再読み込みして表示)
QSL未送信の一覧表示(N)  F6
QSL発行済みマークの無い行だけを表示します。
[JPEG画像ヒット]のフォルダへ【コピー】(C)
HAMLOGの環境設定4で指定する、コールサインを入力したとき表示されるJPEG画像のヒットのフォルダへ電子QSLをコピーします。
JPEG画像のヒットのフォルダ内に、プリフィックスごとのサブフォルダがある場合は、該当サブフォルダに電子QSLをコピーします。
[JPEG画像ヒット]のフォルダへ【移動】(M)
同じく、電子QSLをJPEG画像のヒットフォルダへ移動します。
受信フォルダ内の電子QSL と、QslMsgフォルダ内の.TXTファイルは削除されます。
選択した電子QSLファイルを【削除】(D)
水色に選択されたJPEG画像ファイルを削除します。
受信フォルダ内の電子QSL と、QslMsgフォルダ内の.TXTファイルが削除されます。
受信フォルダの表示(J)
Windowsのエクスプローラーにより受信フォルダを表示します。
電子QSLファイルをリネームして強制的に照合
例えば、SSBで交信して送られてきた電子QSLのモードがJ3Eだった場合、照合結果が×になりますが、ここでSSBに書き換えて照合させることができます。
例えば、交信時刻が初期設定で10分以上ずれていると照合結果が×になりますが、ここで書き換えて強制的に照合させることができます。
降順に表示させる/ファイル時刻の新しい順に表示
並び方を変えることができます。
照合しなかった電子QSL(■×)がある場合は、ファイル名(日付時間、バンド、モード)とHAMLOG上の交信内容をよく見比べてください。
同じ局と数分後(初期設定では10分以内)に同じバンド、同じモードで再交信した場合は、運用場所が異なっても照合できません。

[JPEG画像ヒット]のフォルダへ【移動】・【コピー】について
JPEG画像のヒットのフォルダへ電子QSLを移動・コピーすることについて

 照合結果からHitJPEGフォルダに電子QSLを移動・コピーすると、あらかじめプリフィックス
ごとにサブフォルダを作っておけば、それぞれサブフォルダに移動・コピーします。

画像が大量にある場合は、このようにプリフィックス名のフォルダで整理しておくと便利です。

移動すると、選択していた電子QSLは、受信フォルダから削除されます。