HAMLOG E-Mail QSL 環境設定  元に戻る  通信設定  交信の照合  Q&A  本ソフトの相談室はこちら
○ 電子QSL環境設定
   メニューの オプション → 電子QSL環境設定と進んでください。
そのままの時刻でQSL作成  QSL定義ファイルを使用した場合は機能しません。
黒色のチェックを入れると、すべてUTCに変換してQSL作成 となります。
JSTで登録したデータは、UTCに変換して電子QSL画像に日付時間を書き込みます。
グレーのチェックでは、すべてJSTに変換してQSL作成 となります。
定義ファイルの場合は、#Jst2Utc命令や#Utc2Jst命令を使って時刻変換してください。

QSL未発行局のみQSLを送信
HAMLOGのQSL欄2文字目が空だった場合、つまり未発行だった場合に電子QSLを送信します。
ただし、【HAMLOG】メニューから即送信する場合は、発行済みでも送信します。

QSL発行済みでも発行済みマークする QSL定義ファイルで#Mark命令を使用した場合は機能しません。
既に紙QSL発行済み、電子QSL送信済み、つまりQSL欄2文字目に何か記入済みであっても、電子QSL送信後に発行済みマークを記入します。(上書きします)
QSL未発行局のみQSLを送信 がチェックされている場合、この機能は無効となります。

QSL発行済みマーク文字  QSL定義ファイルで#Mark命令を使用した場合は機能しません。
書き込む文字を指定します。
左の例では、送信できた場合はEを、すでに紙QSL発行済みの場合(E以外が書き込まれている場合)はWを書き込みます。

QSL受領済みでも受領済みマークする
既に紙QSLや電子QSLを受領済みであっても、指定した受領済みマーク文字を記入します。
交信の照合一覧から書き込みます。

QSL受領済みマーク文字
電子QSLとQSOデータで照合できた場合に、 HAMLOGのQSL欄3文字目に書き込む文字を指定します。
紙QSLでいうところの受領済みマークです。
左の例では、照合できた場合はEを、すでに紙QSL受領済みの場合(E以外が書き込まれている場合)はWを書き込みます。

最も古い照合対象の年月日
受信した電子QSLの日付のうち、ここで指定した日付よりも古いものは照合対象としません。
00/00/00とした場合は、すべての交信が対象です。ただし、1999年以前は非対応です。

照合時、電波型式は比較しない
例えば、QSO記録がSSBで、電子QSLがJ3Eであっても比較しませんので照合OKとなります。

受信せずサーバから削除するQSOの年月
古い交信は受信拒否する設定です。
ここで指定した年月よりも古い交信の電子QSLは、受信せずにそのままサーバから削除します。
例えば、1804と登録すれば、2018年4月よりも古い交信の電子QSLが送られてきても、受信することなくメールサーバから削除します。
つまり、無視することになります。
0000では、この機能は無効となります。なお、本ソフトでは1999年以前の交信には対応していません。

メモ欄のメール本文は送信しない
メインウインドウの下端のメモは、メールとして送信しません。