hQSLトップページ   QSL送信ボタン
(15) QSL受信ボタン
電子QSLが届いていれば受信します。受信中は中断ボタンとなります。

メールのヘッダーにX-Mailer: HAMLOG E-Mail QSLという文字列がある場合に限り受信します。
したがって、一般のメールは受信しません。
受信後表示するでは、受信直後に電子QSLを表示します。ただし、HAMLOG起動中は表示しません。

通信設定受信後サーバに残さない設定になっていても、一般のメールには影響はありません。
ただし、環境設定E-Mail QSL以外のメールも受信する設定の場合は、一般のメールも受信しま
すし、受信後サーバに残さない設定になっていればメールサーバから一般のメールも削除されます。
電子QSL受信にあたっての留意事項
メールアドレスが通常のメールソフトと共通である場合、先に通常のメールソフトで電子QSLメール受信してしまうと、メールサーバから削除されてしまいます。
したがって、hQSLで先にメールを受信するクセをつけておくと良いかもしれません。
なお、hQSL専用のメールアカウントを使用すれば、このような煩わしさはなくなります。

メールボックスに100件を超えるメールが残っている場合(hQSL以外の通常メールを含めて100件です。)
最新の100件を受信するか、全部受信するかを選択します。
新しいメールから古い方に向かって順に受信しますので、電子QSLの受信カウント数が増えなくなったら中断してください。
なお、hQSL専用のメールアカウントを使用すれば、このような煩わしさはなくなります。

通常のメールが届いている場合
hQSL専用のメールアドレスを設定していて、電子QSL以外のメールが届いており、かつ、他のメールソフトで受信することができない場合は、環境設定のE-Mail QSL以外のメールも受信するにチェックを入れて受信することができます。
この場合、メールのヘッダーは無視するので、通常のメールも受信します。通常のメールは、Windowsのメモ帳などを使って表示します。
環境設定の受信・照合の設定を確認しておいてください。