Rig/Antの編集  元に戻る  電子QSLの定義  通信設定  交信の照合  Q&A  hQSL相談室はこちら
電子QSLに描画するデータのうち、バンドごとに自局のリグ/リグの終段入力(または空中線電力)/アンテナ/アンテナ高/備考/運用場所/その他を設定しておきます。
ここで設定した内容は、RIGANT.DATというファイル名のテキストファイルで保存されます。(ファイル名は変更可能)
RigAnt.datファイルは、HAMLOGと共有でもhQSL専用でもかまいません。
これは、INIファイルと同じ形式ですので、知識があればエディタで直接修正ができます。

定義ファイルの命令で#Rig#8のように直接行番号が指定されていれば、バンドに関係なく、ここの8番目のリグやアンテナが印刷されます。
※注 この数字が1未満またはRig/Antデータ行数の上限を超えている場合は、無視されます。
定義ファイルの命令で#Rig=7M移動のようにEtc欄の文字列が指定されていれば、バンドに関係なく、このウインドウのEtc欄に7M移動という文字列が入っている行のリグやアンテナが印刷されます。

QSOデータと関連付けるには・・・
QSOデータのRemarks1Rig#10のように文字列が入力されていれば、バンドに関係なく、ここの10番目のリグやアンテナが印刷されます。
QSOデータのRemarks1Rig=7M移動のように文字列が入力されていれば、バンドに関係なく、このウインドウのEtc欄に7M移動という文字列が入っている行のリグやアンテナが印刷されます。

図のように、右クリックしたときのポップアップメニューで、Rig/Antデータを記憶したファイル(RIGANT.DAT)のフォルダ変更や、Rig/Antデータの最大登録件数の変更などができます。
ポップアップメニューでは、1行移動や1行挿入・削除ができますが、行番号が変わってしまいますのでご注意ください。(※注を参照)
RIGANT.DATの登録件数の上限は999件、又はファイルサイズ64Kバイトのいずれか小さいほうです。

リグやアンテナ等の修正は、次のいずれかの方法となります。