HAMLOG E-Mail QSL バックアップ  元に戻る  通信設定  交信の照合  Q&A  hQSL相談室はこちら
○ 電子QSLのバックアップ

受信した電子QSLをバックアップします。送信済み電子QSLや受信QSLメッセージもバックアップすることができます。
なお、新たなファイルのみコピーします。
既に同名のファイルが存在すれば、タイムスタンプを比較して新しければ上書きコピーします。
バックアップボタン
バックアップを実行します。

フォルダ設定ボタン
バックアップ先のフォルダを指定します。初期値は、マイドキュメント内のHamlogBakフォルダです。
指定したフォルダ内に受信、送信、QslMsgフォルダが作成され、それぞれのフォルダにコピーします。
Shiftキーを押しながらクリックすると、初期値のマイドキュメントフォルダが選択されます。

□ 終了時にバックアップ
hQSLソフト終了時に自動的にバックアップします。
 HamlogBakフォルダにバックアップする場合のイメージは、次のとおりです。
HamlogBakフォルダ ━ ┳━ MailQSL.INIファイル
┣━ 受信フォルダ  〜 受信した電子QSLファイル.JPG
┣━ 送信フォルダ  〜 送信済み電子QSLファイル.JPG
┗━ QslMsgフォルダ 〜 受信したQSLメッセージ.TXT

最初のバックアップでは、ファイル数が多いとどうしても時間がかかってしまいます。
 2回目からは差分だけのバックアップとなりますので、短時間で終わります。