データの保守(D)QSOデータの一括削除
QSOデータの、レコード番号を範囲指定し、一括削除します。

データのインポートにより、同じデータを重複して追加してしまった場合、ソート前であれば、この機能により一括して削除することができます。

削除したいレコード番号の範囲を、[9000-10000]のように入力します。

この例では、レコード番号9,000から10,000までを削除します。

途中のレコード番号を指定して削除すると、レコード番号は、ずれます。

QSOデータを個別に確認しながら削除したい場合は、こちらです。

QSOデータの共有オープンをしているときは、この機能は使えません。
  例えば3台のPCでQSOデータを共有している場合は、他の2台はTurbo HAMLOG/Winを終了させてから実行してください。

(4)